トヨタプリウス値引き額の限界値は?新型プリウスでもココまで値引きは出来る!

プリウス

2015年12月9日に4代目となる新型プリウスが発売されました。今回の最大のセールスポイントと言えば「JC08モード40km/L以上を目標にしている」と、トヨタアクアの37km/Lよりも上回る低燃費となっています。

新型プリウスは低燃費の為に、モーターや電池廻りを大幅に改善していますが、それ以上に「軽量化」も徹底して行っていますね。

また新型プリウスでは、TNGA(Toyota New Global Architecture)と呼ばれる新開発のプラットフォームを採用している事から先代プリウスよりも広い室内空間を実現しています。

ハイブリッドシステムも小型化されていて、THSⅡ⇒THSⅢへと大幅変更となりましたので燃費性能は25%アップ、動力性能も15%アップ!と素晴らしい性能を実現させました。

そんな新型プリウスの新車購入をご検討されている方も非常に多くお見えになるかと思います。そこでトヨタ店の現役営業マンより、トヨタプリウスの値引き最新情報をリサーチしてきました。

ココに来て、新型プリウスの販売台数も伸び悩んでいますので、正直言ってプリウスの値引きもかなり崩れているようです。

トヨタ営業マンしか知らない情報も聞けましたので、まずは新型プリウスの値引きコメントをご覧ください。

>>プリウス納車の前に!下取りを50万円高く売る!<<

新型プリウスの値引き額ですが、これだけの人気車種ですので非常に厳しいです。10万円がプリウス値引きの限界となっていますね。プリウスの予約注文だけでも私一人で50台ほど頂いていました。

しかしこれが正式発売になると、トヨタプリウスの値引き額は【10万円+その営業マンの力量】という形になります。ディーラーオプションを全部外してでも総額を抑えるようなプリウスの契約が非常に増えますね。

あとは確実にトヨタ店、トヨペット店、ネッツ店、カローラ店の競合は必須条件だと思います。大体ネッツ店がプリウス値引き額を崩しだす可能性が高いので、ネッツ店のプリウス値引き額を元に他のディーラーと値引き交渉をするのがベストだと思いますよ。

こんなコメントを頂きました。やはりいくら人気の新型プリウスでも、トヨタ全チャンネルで販売をする事になったため、プリウス値引き額も拡大しやすい!と言う事ですね。確実にトヨタ同士の競合に持ち込みたいところです。

プリウス値引き情報【2017年11月】

プリウス一般値引き
10万円

★プリウス限界値引き(トヨタ競合時)★
23万円

しかしプリウスの値引き額をいくら限界まで引き出しても、本当の意味でトヨタプリウスを安く購入している事にはなりません。

トヨタ営業マンの商談手法をしっかりと把握し、営業マンがどんな事を考えて商談を進めているのか?を知る必要があるのです。プリウスの値引き額には限界がありますが、トヨタ営業マンの商談手法を最初から知っているだけで30万円~50万円、時にはそれ以上も新型プリウスの新車を安く購入する事が出来るのです。少しでも新型プリウスを安く買いたい!と思う方は最後まで必ずお読みください。

>>プリウス納車の前に!下取りを50万円高く売る!<<

新型プリウスを安く買う!トヨタ営業マンの隠された商談手法を暴露します!

これから新型プリウスを最高の条件で購入出来る”唯一の方法”をお伝えしていきたいと思います。この方法は、購入時期やタイミング、特別な交渉術は必要ありません。それでいて、99%以上の効果がありますので、ぜひ新型プリウスの新車購入時にはご参考にしてください。

トヨタプリウスの値引きについては上記でもお伝えした通りです。そこで新型プリウスの新車購入をされる方の大半が【下取り車があるがケース】が多い事でしょう。

この下取り車があるケースでのプリウス交渉では、最低でも10万円以上!時には50万円、60万円以上もディーラーが提示する総額よりも安く購入出来るのです。

「そんなに安くプリウスを買える方法っていったいどんな方法なの?」

 

まず、営業マンはトヨタプリウスの商談をする時に、必ず余裕を持った条件(値引き)提示をします。これは誰もが知っている事実で、ある意味仕方のない事だと言えるでしょう。トヨタプリウスの契約時には必ずと言って良いほど、

「プリウスの見積りはコレで決めますから、最後に何かサービスしてくださいよ!」

とお客さんは言うものです。これは営業マン達にもわかっています。高いお金を払って買うものですからね、新車は。最後は気持ち良くサービスをしてもらってから契約をしたいものです。

でもこの時、トヨタプリウスの値引き(条件)に余裕がなかったら?

そうです、最悪お客さんの気分を盛り下げてしまい、プリウスの契約を失う可能性も出てきてしまうのです。鉄はアツいうちに打て!と言うのが鉄則ですからね、営業マンとしては。

ですから新車営業マンは必ずと言っても良いほど、プリウスの条件で【余裕】を作りながら商談を進めているのです。

では営業マンはいったい、どこで新車の条件の【余裕】を作りながら商談をしているのでしょうか?トヨタプリウスの値引き額でしょうか?それは違います。

その大きな理由は、最近の情報化社会によって、営業マンは昔ほど新車の値引き額のサバを読みづらくなっているのです。どう言う事かと言いますと、最近ではインターネットなどの情報によって、お客様が最初から新型プリウスの値引き相場をある程度、調べて商談に挑んでくるのです。

もしここで、営業マンがトヨタプリウスの値引き額で【余裕】を読みすぎると、最初からお客様に相手にされない・・・と言う事になってしまうのです。

ではいったいどの部分で、【余裕】を持とうとするのでしょうか?

それが『下取りの査定額』なのです。

>>プリウス納車の前に!下取りを50万円高く売る!<<

実はこの【下取りの査定額】と言うのがかなり曖昧な金額で、例えば「お客様の下取り査定額が100万円でした!」と営業マンが言ったとしましょう。でもその下取り査定額が本当は「120万円だった」としても、正直言ってほとんどの方が違和感を感じないのではないでしょうか?

それぐらい今乗っている車の下取り査定額に関しては関心度が低いのです。プリウスの値引き額には関心度が高いのに。

でも実際には、この時点で「20万円」もの【余裕】を持ってプリウスの商談を進められているのです。これではいくら新型プリウスの値引き情報を調べたところで意味が無くなってしまいますよね。

ではこうならない為には、いったいどうすれば良いのでしょうか?

プリウスの値引き額を調べていくのと同じで、最初から【今乗っている車の下取り査定額の相場】を知っていれば良い!というだけの事です。

下取り価格の相場を調べる方法として、たくさんのディーラーに行って査定をしてもらうのも良いでしょう。あるいは、何社もの車買取専門店に通って、実際に査定額を出してもらうのも良いかもしれません。

しかしこれには多大な時間がかかってしまいます。

しかも、間違いなく営業マンに追いかけられる事になるでしょう。こういう営業って嫌いな方も多いのではないでしょうか?ではどうすれば良いんだ??と思われるかもしれません。でも実はこれには、とても簡単な方法があるのです。

最近のインターネットには、『ズバット車買取比較』というサービスがあるのです。これは、簡単な個人情報の入力と、今乗っている車の情報を入力するだけで、数社の車買取専門店がメールなどで、現時点の車買取査定の値段を教えてくれると言うものなのです。これにかかる時間はおよそ1分ぐらい。これだけである程度の査定額がわかってしまうのです。

しかも新車ディーラーの下取り査定額よりも平均で16万円高い査定額が出ている!というデータもあります。

ではなぜこんなにディーラーの下取り査定額と差が出るのでしょうか?

それは、国内市場だけではなく、海外市場にも精通している買取業者がたくさん登録しているからです。この海外市場と言うのは、日本では考えられない金額で中古車のやり取りがされています。これには『関税』と言う海外の輸出に関わる税金が関係してくるのですが、中古車オークションでは高く落札したとしても、海外へ持っていけばもっと大きく儲かる仕組みになっているのです。

この為、日本では売り物にならない車でもありえない買取金額が付くのです。こういった海外市場に精通している買取専門店がたくさん登録しているのが無料インターネット査定で平均16万円以上の査定額差が出る理由ですね。完全無料ですので利用をしない理由がありません。

たったこれだけの事をするだけで・・・営業マンはプリウスの条件で【余裕】を持ちながら商談をする事が出来なくなり、最高のプリウス値引き額で新車の購入が出来ると言う事なのです。もし、これから商談をするお客様が全員プリウスの値引き情報と下取り価格情報を持ってくるようであれば、営業マンは本当に商談がしにくいと思いますよ。

時にはディーラーの下取り査定額よりも50万円以上!も査定額に開きが出るケースもありますので、まず一回はプリウスの商談前に試していく事をお勧めします。

確実に数十万円以上はプリウスの新車を安く買う事が出来ますので。

インターネット無料査定

申込ボタン